「障害者」の定義って?

・障害ってよく知らない

・障害者支援の会社に入社が決まったけど、全く知識がない

・障害者雇用をすることになったけど、大丈夫かな?

こんな悩みを解決できる記事を用意しました!

この記事を読めば、障害者支援の一歩を踏み出したも同然です!

障害者を理解しようとするあなたに、わかりやすくご説明します。

障害の種別は大きく分けて3つ!

「障害者」とは、障害者総合支援法によると身体障害・知的障害・精神障害(発達障害を含む)・その他の心身の機能の障害があり、障害および社会との関わり方によって生活や仕事に制限を受けている人とされています。

日本には、障害のある人を取り巻くさまざまな法律があり、その法律ごとに「障害者」についての定義があります。

身体障害

  • 身体上の障害がある18歳以上の者であつて、都道府県知事から身体障害者手帳の交付を受けたものをいう。 

知的障害

  • 全般的な知的機能が同年齢の子どもと比べて明らかに遅滞し、適応機能の明らかな制限が18歳未満に生じる。

精神障害

  • 統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質その他の精神疾患を有するものをいう。

難病

  • 発病の原因が明らかでない
  • 治療方法が確立していない
  • 希少な疾患である(がん、精神疾患、感染症、アレルギー疾患等、個別の施策体系が確立している疾患は含まれない)
  • 長期の療養を必要とする
まとめ

「障害者」という言葉は、障害者手帳を所持している人だけに限定して使われる場面も少なくありません。

しかし、言葉の定義は時代や考え方、使われる場所や場面で変わります。

社会のあり方によって生きづらさを感じている人もいるでしょう。

 

心身の機能障害の有無に関わらず、社会の中で障害を感じる人たちを減らしていく取り組みこそが、幅広い「障害者」の人々の生活しやすい環境を作っていくことにつながります。

 

この記事を読んでくださってありがとうございました。

障害者支援の第一歩は、障害を知ることだと思っています。

私もまだまだ勉強の毎日ですが、少しでも支援の力になれれば幸いです!

一緒に障害者支援を考えましょう!

タイトルとURLをコピーしました